本間宗究(本間裕)のコラム

* 不定期に更新いたします。
* 過去のコラムは、こちら

2017.10.24

底なし釣瓶で水を汲む

出典不明の「中国の諺」に「底なし釣瓶で水を汲む話」があり、次のような内容だそうだが、この点については、現代人が忘れ去った「魂」が存在するとともに、「人生の極意」ではないかとも感じさせられた次第である。

昔、ある所で、息子がいない長者が、親孝行したいという息子を募集した。長者は、集まった多くの若者に、「息子になるためには、夕暮れから朝の一番鳥が鳴くまでの間に、底のない釣瓶を井戸に垂らして水を汲み、樽一杯にする」という難題を与えた。多くの若者は「馬鹿馬鹿しい」と、その場を去ってしまった。ところが一人の若者だけは、夜を徹して底なしの桶で水を汲み続けた。底なし桶でもしずくが付く。くみ上げる度に桶についた雫が積もり積もって、一晩のうちに樽に水がいっぱいたまっていた。

つまり、現代的な常識では、「効率性」や「生産性」などが重視され、「無駄な努力」を嫌う傾向があるものと思われるが、「投資」や「ビジネス」の実践においては、「何が無駄で、何が効率的なのか?」がはっきりしないケースが、数多く存在するものと思われるからである。別の言葉では、「答えのある問題を、他人よりも早く解くこと」が、いわゆる「優秀な人材」と考えられているようだが、実業の世界においては、往々にして、「答えのない問題」を考え続ける態度が求められているようにも思われるのである。

具体的には、「トヨタの改善(カイゼン)」のように、「現場の作業者が中心となって知恵を出し合い、ボトムアップで問題解決をはかっていく態度」を継続した結果として、「トヨタ」は「世界一の自動車メーカー」となることができたのである。つまり、「答えのない問題」に対して、「三人寄れば文殊の智慧」というような態度で臨んだ結果として、これほどまでの成果を上げることができたようにも感じられるのである。

そして、この点については、「自然科学におけるノーベル賞受賞者」も、ほとんど同じような態度を貫いたものと思われるが、実際には、「真理への純粋な追求心」が、根本的な原動力だったものと思われるのである。つまり、「目の前に存在する課題に対して、愚直に対応する態度」のことだが、現在では、多くの人々が嫌う行動とも言えるようである。その結果として、「日本の失われた20年」が発生し、「日本の生産性や国際競争力」などが、いつの間にか、地盤沈下していたものと想定されるが、歴史を見ると、このような状況下で発生する事態は、「人々の意識を大転換させる事件」とも言えるようだが、現在では、徐々に、このような展開となる下地が整ってきたようにも感じている。

2017.10.24

カイザンとカイゼン

今回の「神戸製鋼所によるデータ改ざん問題」については、「驚き」や「嘆き」、あるいは、「呆れ」など、さまざまな感想を抱かされたが、特に注目した点は、「40年も前から、不正が行われていた」という事実だった。つまり、「1980年前後から、日本の堕落が始まっていた可能性」を考慮せざるを得なかったわけだが、実際には、当時に発生した「重厚長大から軽薄短小へ」という変化により、「神戸製鋼所の収益構造が悪化した可能性」も存在したようである。

その結果として、「データの改ざん」により「見せかけの利益」を出そうとしたものと推測されるが、当然のことながら、「トヨタ」を始めとした「数多くの日本企業」は、英語にもなった「カイゼン(改善、kaizen)」という「血の滲むような努力」を継続していたことも見て取れるのである。つまり、どのような企業も、熾烈な国際競争を生き抜くためには、自社の「商品」や「サービス」などを、不断に改善する必要性が存在するわけだが、「神戸製鋼所」の場合には、「カイゼン」よりも「カイザン」という「安易な方法」に頼ったようにも感じられるのである。

そして、このことが、私の想定する「日本の堕落」とも言えるようだが、実際には、「日本人」が持ち続けてきた「職人魂」が失われ始め、「お金儲け」や「企業内での出世」などが「人生の目的」となった可能性である。その結果として、「日本の国際競争力」は、徐々に低下を続けているわけだが、より大きな問題は、「このような状況下で、日本の国家財政が、急速に悪化している事態」とも考えられるのである。

つまり、「国際競争力」が改善されるためには、「実体経済」において、「より良い商品」、「より良いサービスや経営」などが必要とされるわけだが、現在の「アベノミクス」においては、「マネー経済の改ざん」とでも呼ぶべき「リフレーション政策」が、大々的に実施され続けてきたのである。別の言葉では、「末期がん患者にモルヒネを打つような政策」といわれる「中央銀行のバランスシート大膨張」のことだが、この結果として発生した現象は、「見せかけの株高」とも言えるようである。

別の言葉では、過去の歴史で頻繁に発生した「ギャロッピング・インフレ」が、すでに発生し、その結果として、現在の「世界的な株高」が起きているものと考えている。つまり、「通貨の堕落」が発生しているものと考えているが、現時点でも、この点を指摘する人は、ほとんどいない状況とも言えるようである。